肌トラブルを起こさない、肌で悩まない

肌トラブルを起こさない、肌で悩まない。
そんな人生をおくれたら、どんなに素敵でしょうか。

悩む女性

ずっと綺麗な肌でいるために必要なこと知っていますか?

まずはニキビについて知識を深めていきましょう。

ニキビは医学的にも尋常性ざ瘡という病名もつけられており、成人の約9割もの方が経験されています。ニキビにおすすめの医薬品キミエホワイト

原因にはホルモンバランスや自律神経の乱れ、ストレス、皮脂の過剰分泌、脂質の摂り過ぎ、便秘、貧血、カルシウム不足、洗い残しなどから考えられます。大まかにニキビを分けることもでき、額や頬など全体的にできてしまう白ニキビでは毛穴が詰まってしまい起きてしまいます。

症状としては炎症や痛みも無く、ただし触ってしまうと悪化する恐れも考えられます。黒ニキビは毛穴が開いてしまった状態で触ると痛みを伴います。また色素沈着を起こしやすいので、ニキビ跡にも注意が必要になってきます。初期段階からさらにひどくなる場合、赤ニキビになってしまい、そうなると化膿して痛みだけでなく痒みも起きてしまいます。黴菌やアクネ菌が繁殖を続け、やがて腫れ上がり治りも遅く以前回復には時間がかかってしまいます。

徐々にひどくなる進行を食い止めるためにも早期の治療は大切なケアとなりますが、ニキビは10代の頃と成人してから起きてしまう原因が異なり、ホルモンバランスが活発化することで皮脂分泌が過剰になってしまう思春期に起きるニキビ、偏った食生活や便秘または睡眠不足やお肌の洗浄不足からなる成人ニキビなどに分かれます。

ニキビをお肌から守るためにもポイントとして挙げられるのは洗顔前に手を洗い水やぬるま湯で一度素洗いすること、力を入れず泡立てながら泡で洗うようにすること、タオルは拭くというよりもトントンと叩きながら水分を吸収させ保湿をするようにしましょう。また食生活ではファストフードなどは栄養の不足になりやすく、偏った過剰摂取は栄養バランスの乱れに繋がります。こうしたことからニキビが発症するようになり、脂質や炭水化物の過剰摂取はお肌にそのままニキビを作らせてしまうので注意しなければいけません。

一般的なニキビ治療は皮膚科で処方されるお薬が効果的ではありますが、最近では酸性の薬品で古くなった角質層を溶かし治療するピーリング法もあります。またレーザーなどの光を照射して皮脂分泌を抑制するといった方法などもありますので、自身に適した治療法を適切に行っていきましょう。