食事を見直すだけでも体重が減る可能性あり

ダイエットをしていく上で大切なのは、健康的に痩せる事です。体重が減るからといって無理なダイエット方法を行ったとしても、見えない部分で身体を痛めつけているかもしれません。

そうなると結局ダイエットをしても意味がありません。大切なのは少しずつでも健康的に痩せていく事です。健康的に痩せていくのに大事なのは食事です。食事を見直すだけでも体重が減る可能性はあります。

例えば飲み物はお水かお茶だけにする。これだけでも効果はあります。なぜなら喉がかわいた時にジュースを飲んでいたりすると、それだけで余計なカロリーを摂取しまっているからです。

ちょっとした気の迷いが命取りになります。なのでお水とお茶だけにする事で余計なカロリーを摂取しないですみます。お水やお茶が苦手という人は、ウーロン茶や緑茶でも効果はあります。

糖分の入っていない飲み物を飲む事が大切です。お腹が空いた時には野菜を食べるのが一番良いです。一番駄目なパターンはお菓子です。ちょっと小腹が空いたからといってお菓子をボリボリ食べてしまうとそれだけで体重は増えてしまいます。

なのでお腹が少し減ったなと思った時は野菜を食べようと心掛ける事が大切です。最近流行っているグリーンスムージーでも問題ありません。グリーンスムージーは栄養が抜群にあるので、お腹が空いた時にはそれを飲むとお腹が満たされるだけでなく、健康に必要な栄養素も摂取できるので最適です。

ある程度食事の見直しができてきたら、軽い運動をする事も大切です。この時に注意して欲しいのは、自分に合ったペースでする事です。今まで運動を一切していなかったのに、急に腕立てや腹筋などをしてやり始めてしまったら長続きはしません。

そうではなく、準備体操程度でも構いません。少しずつでも長続きさせていく事が大事です。そして慣れてきたらヨガをしたり、ジョギングをしたりとペースを上げていけば長続きしていくと思います。自分のペースを大切にする事がダイエットの成功への近道だと思います。

肌の状態を良くする3つの栄養素

肌の状態を良くする3つの栄養素をまとめました。

肌の調子が悪い時には亜鉛

美肌効果がある栄養素として真っ先に思い浮かぶのがビタミンCやコラーゲンですが、その他にも肌の調子が悪い時には亜鉛がお勧めです。亜鉛は細胞分裂を促す働きがあるミネラルで亜鉛が不足すると肌は健康な状態を保つことが出来ずに肌荒れの症状が出てしまいます。ビタミンCやコラーゲンを摂取するようにしているのに肌の調子が良くならないという場合は亜鉛を摂取するといいでしょう。ちなみに亜鉛を多く含む食材としてなみに牡蠣、豚レバー、赤身の牛肉などが挙げられます。

コラーゲンを増やしたいならタンパク質

タンパク質は肌の材料となる成分で、亜鉛を摂取し肌の細胞分裂がきちんと行なわれていてもタンパク質がなければ肌の状態は良くなりません。肌に潤いを与えてくれるコラーゲンが不足すると肌がしぼんでしまいます。肌の構造は外側より表皮、真皮、皮下組織となっていて、真皮にコラーゲンは存在しその量によって真皮の厚みと瑞々しさが違ってきます。そしてこのコラーゲンの元になるのがタンパク質なのでコラーゲンを増やしたい人はコラーゲンを摂取するだけではなくタンパク質の摂取も心がけましょう。タンパク質を多く含む食材にはアジ、マグロ赤身の牛肉、大豆などがあります。

肌を引き締めたい人はエスラチン

加齢と共に人の肌はたるんでしまいほうれい線などが出来てしまいます。そうすると年齢よりも老けて見られてしまう場合もありますが、そんな肌のたるみの原因としてエラスチンの不足が挙げられます。エスラチンは真皮で束状のコラーゲンとコラーゲンを結んで繋ぐ働きがあります。だから真皮にコラーゲンが豊富にあってもエラスチンが足りないとコラーゲンを支えることが出来ずに肌が垂れてしまうのです。だから肌の弾力を維持し肌のたるみを予防する為には積極的にエラスチンを摂取することが大切です。エラスチンは手羽先、軟骨、牛すじ肉といった食品に多く含まれています。