ターンオーバーが正常に行われていないと、肌の表面が分厚くなってしまう

顔色がなんだか悪くなったと感じることはありませんか?それは肌がくすんでいるのかもしれません。

肌がくすんでいる状態とは、肌の水分が失われキメが乱れてしまい、ターンオーバーが正常に行われていないことが主な原因です。
ターンオーバーとは肌の生まれ変わりのこと。お肌の一番表面にある古くなった角質層が剥がれ、新しい細胞(角質層)ができるということです。
このターンオーバーが正常に行われていないと、肌の表面が分厚くなってしまいます。そして、肌のごわつきやくすみの原因となるのです。

なので簡単に言えば、肌のくすみを改善するにはターンオーバーを正常化させればいいのです。そうすることで、肌のキメも整います。

ターンオーバーを正常化するにはまず、古い角質をしっかりと落とすことが大切です。単に洗顔でゴシゴシ洗えばいいのではなく、クレンジングの部分から見直しましょう。
オイルクレンジングはすっきりと落としてくれますが、必要な油分まで奪ってしまい、乾燥を招く場合があります。なので、ミルクやクリームタイプのクレンジングを使用し、
肌を柔らかくしながらメイクを落としましょう。落ちにくいポイントメイクは、ポイントリムーバーなどを使うとしっかりと落とせます。

そして、洗顔はしっかりと泡を立てて摩擦が起きないように優しく洗います。洗い上がりがつっぱらないものを選ぶのがポイントです。
肌のターンオーバーを正常化させるのにもう一つ大事なのが、保湿です。きっちりと汚れを落とした肌に、水分を補給します。

洗顔後はなるべく早く化粧水をつけるようにしましょう。肌のごわつきが特に気になる場合には、拭き取り化粧水を使ってもいいでしょう。(拭き取って終わりではなく、そのあとにしっかり化粧水をつけてください。)あとは、乳液やクリームで蓋をしましょう。ニキビができやすい人は、油分が多く入ったクリームは避けたほうがいいです。

ターンオーバーは大体一ヶ月かけて行われます。なので、すぐには効果が実感できないかもしれませんが、焦らずに基本のお手入れを続けましょう。